片手にドーナツ、心に花束

西部劇、マカロニウエスタン、ときどきアメコミ。

【リバティ・バランスを射った男】

f:id:wataridori73:20190831065852j:plain

The Man Who Shot Libarty Valance


1962年。監督ジョン・フォード。主演ジョン・ウェイン。ジェームズ・ステュアート。音楽シリル・J・モックリッジ。


やっぱジョン・フォードはおもろいなあ。という、至極当然のことを改めて思うのだった。


騎兵隊ものより、やはり西部の町を舞台にした活劇のほうが面白い。ジョン・ウェインが保安官のような存在だが保安官ではなくカウボーイで、ジェームズ・スチュアートが弁護士というのもいい。構成も巧みで、冒頭に戻るラストでは感慨深いものがある。


f:id:wataridori73:20190417131425j:plain
映画「リバティ・バランスを射った男」より


で、こんな話さ。
ランス上院議員とハリーの夫婦はかつて暮らしていた町シンボーンを訪れるのだった。町の新聞社は次期副大統領候補の議員がやってきた、わっしょい、わっしょい、などと盛り上がるのだが、ランスは個人的な用件で、ある男の葬儀のためにやってきたのであった。


ある男とはトム・ドニファンであった。


え、誰ですのん?


時は流れてしまって、今のシンボーンにはトムのことを覚えているのは少なくなっているのだった。そこでランスは昔話を語るのである。かつてトム・ドニファンという男がいたということを。


時を戻そう。
ランスは駅馬車に乗っているところを強盗団に襲われた。有り金をすべて奪われた挙げ句に婦人を助けようとしたため、リーダー格の男に棍棒みたいな武器でフルぼっこにされるのであった。


もう死んじゃう、ってところを助けてくれたのがトム・ドニファンで、しばらくの間ランスは、担ぎ込まれたシンボーンに留まり養生するのだった。この町いいね!ってランスはふわっとした日々を送り、準州から州への昇格を目指す政治運動が絡まって、最後はもちろん棍棒男・リバティ・バランスとの対決を迎えることになる。


f:id:wataridori73:20190417131531j:plain
映画「リバティ・バランスを射った男」より


タイトルの謎は、まあ見てればすぐに気づく。謎でもなんでもないのだが、それにしてもキャラが立っている。


助けてやった男にカノジョを盗られるという悲惨すぎるけどクールなカウボーイのジョン・ウェイン。個人的にはジョン・ウェインは「駅馬車」とこれが最高。特にダイナーでのリー・マーヴィンとのマッチアップはゾクゾクしますよ。


f:id:wataridori73:20190417131655j:plain
映画「リバティ・バランスを射った男」より


で、当然のことに、頭でっかちで頼れるような頼れないような感じの弁護士のジェームズ・スチュアートも輝いてる。これぞ西部の男!ではない役を見事に演じていた。出演のかなりの時間でエプロン姿を披露しているのも見所のひとつだ。 


f:id:wataridori73:20190417131720j:plain
映画「リバティ・バランスを射った男」より


トムの従者ポンペイもいい。ダイナーでの揉め事でトムを守るために鋭い眼光でライフルを構える姿はカッコよすぎる。


さらに新聞社のダットン、使えないけど憎めない保安官リンクにダイナーの夫婦、そしてハリー。フォードは彼らをやさしく丁寧な視線で描いている。もちろん悪党リバティ・バランスのリー・マーヴィンが最高なのは言うまでもない。


とにかく、不器用さと男気がMAXのジョン・ウェインは惚れ惚れします。


それじゃあ読者諸君、毎日は愉しいだけじゃない。哀しいだけじゃない。では失敬。



↓ジョン・フォード監督作↓
www.p-goro.com


Amazonプライム会員に登録する