片手にドーナツ、心に花束

西部劇、マカロニウエスタン、ときどきアメコミ。

【夕陽の用心棒】


f:id:wataridori73:20190603215513j:image

UNA PISTOLA PER RINGO

1965年。監督ドゥッチオ・テッサリ。主演ジュリアーノ・ジェンマ。音楽エンニオ・モリコーネ。

いきなり「メリークリスマス!」ではじまるのであった。

クリスマスが近いという設定のマカロニウエスタンなのだが、日本とは違い真冬感ゼロなのでどうでもよくなってしまうのだった。

というか、ジェンマである。我らがジェンマ。このブログはジュリアーノ・ジェンマジャック・パランスを応援しています。ジャック・パランスはまだ一度も取り上げてないけど。

エンジェルフェイス、マカロニの貴公子ジェンマ。って、この映画でのジェンマがエンジェルフェイスという通称なのだった。「リンゴ、もしくはエンジェルフェイスと呼んでくれていい」と自分で仰っていた。

でもみんなリンゴって呼んでた。そんなジェンマの初のマカロニウエスタンである。今回はマカロニデビュー作だけあって、冒頭からジェンマ力全開である。

f:id:wataridori73:20190313231050j:image

映画「夕陽の用心棒」より

 

で、こんな話さ。

人を殺しまくっておいていつも正当防衛で無罪放免のリンゴがやはりまた無罪放免になって戻ってきた。リンゴはなんやかんやでメキシコ半グレ集団が籠城するお金持ちの屋敷の解放のために戦うのであった。

 

戻ってきて早々、子供たちとケンケンパ、みたいな遊びをしているリンゴ。画になります。マカロニウエスタンにおいてこんな演出が許されるのはジェンマだけだろう。

で、すげえ人殺しのくせにリンゴは「俺の理念に反する」とかほざいては何かと拒否するのである。面倒くさい男だ。

でもカッコいいからいいのだ。

そんなぐだぐだした状況下で町は、悪党メキシコ人グループによって銀行強盗の被害にあう。このメキシコ人たちもなんだかパッとせず逃走に失敗し、農場経営者のリッチな屋敷に逃亡・籠城するのであった。

面倒なことに、悪党どもが押し入った屋敷の娘が保安官の婚約者で、軍の到着次第で強行突入しようとする大佐と対立、じゃあ、って逮捕したリンゴを屋敷に潜入させて人質を解放しようとするのであった。

作戦として潜入してるのだが、リンゴが軽薄すぎて、あれ?敵だっけ?味方だっけ?と、よくわからない感じになる。

で、人質をとって籠城してるわりにはみんな暢気。一日一人ずつ使用人が殺されていく状況のわりにはみんな暢気。屋敷の主人は悪党一味の女を口説いたりして暢気。悪党一味の女もその気になって暢気。みんなクリスマスパーリーの準備をしたりと暢気。わけがわからない。緊迫感がないのである。

f:id:wataridori73:20190314070718j:image

映画「夕陽の用心棒」より

 

f:id:wataridori73:20190314071818j:image

映画「夕陽の用心棒」より

 

もちろん最後は軽業を披露したつつ、作戦を成功させるリンゴ。

やはりジェンマである。飄々としたジェンマの演技がたまらない。安定感抜群のフェルナンド・サンチョもたまらない。カチっていう音が聞こえるくらいにすべてがあるべき場所に収まっていて、娯楽映画として完璧。週末の仕事帰りにでも映画館で見たくなる。そんな映画である。

それじゃあ読者諸君、俺たちは愉しいだけじゃない。哀しいだけじゃない。では失敬。