片手にドーナツ、心に花束

西部劇、マカロニウエスタン、ときどきアメコミ。

【星空の用心棒】


f:id:wataridori73:20190522100124j:image

I lunghi giorni della vendetta

1967年。監督スタン・ヴァンス。主演ジュリアーノ・ジェンマ。音楽アルマンド・トロヴァヨーリ。

原案はモンテ・クリスト伯である。でもまあ、そんなことはどうでもいい。

ジェンマだ。エンジェル・フェイスのジェンマだ。だが、ジェンマ女子の悲鳴が聞こえてきそうな冒頭だ。

髪と髭がボサボサーんって汚いのだ。誰が。もちろんジェンマが。あのジュリアーノ・ジェンマが。

でも安心してください。

剃りますよ。すぐに小綺麗になりますよ。いつものジェンマになりますよ。眩しすぎる白いスーツに着替えますよ。

自分を陥れて刑務所に送り込んだ一味のひとり(都合のいいことに元床屋だ!)を銃で脅しながら散髪させますよ。

というわけで「星空の用心棒」は復讐劇だ。王道だ。王道には安心感がある。邦題もマカロニの王道だ。星空は意味不明だしジェンマは用心棒でもない。

リベンジャーだ。でも、なんかステキなタイトルだ。無駄なドキドキ感がある。これぞマカロニという邦題なのであった。

とにかくマカロニウエスタンの主人公は冤罪で刑務所にぶちこまれたり、ボロボロになるまで暴行を受けたり身内を殺されたりする。そして復讐するのだった。トランペットが鳴り響くのだった。

f:id:wataridori73:20190309122236j:image

映画「星空の用心棒」より

 

で、こんな話さ。

町の有力者軍団の策略によって無実の罪で刑務所送りとなったバーネットはかなり強引な手法で脱獄。無実の証拠をゲットしつつ復讐に燃える。

中途で変なイカサマ師の親子(自称科学者)の危機を救い馬車に乗せてもらうのだが、この親子は本筋に大いに絡んでくるのかと思いきや、まあ多少は絡んでくるんだけど、けっこう放置されるのだった。

で、また急に現れる。

ジェンマは復讐に忙しいからかまってられないのだ。

そう、今回のジェンマは忙しい。身なりを整えたり、元カノに会いに行ったり、パパを殺った悪徳保安官を射殺したり汽車を強奪したり密輸品を埋めに行ったり悪いメキシコ人集団と交渉したり判事に無実を訴えたり。

f:id:wataridori73:20190309120818j:image

映画「星空の用心棒」より

 

色々とひとりでこなすから大変だ。でもそのぶんスピーディーな展開になっている。

ジェンマのアクションも満載だ。軽業師のような身のこなしに線路に寝そべって汽車に途中乗車するなどスターのやることではない。

極めつけは逆転のホールドアップ殺法だ。こればかりは苦笑いするしかない。どんなカラクリだ?

イカサマ師の親子のキャラがまあまあ立ってるからもう少し出番を増やせばよかったのにと思わないでもない。最後は大活躍だが。でもまあ、なんにせよ、ジェンマなんだ。

さんざんがんばって無実を証明しようとしたのに阿呆の判事のお陰で台無しになって絞首刑執行決定。それでも俺たちのジェンマは爽やかだった。

最後に望みは何かあるか?と問われて、綺麗な服を着たいなー、と要望するのだった。で、真っ白なスーツを着せていただき絞首台に立つバーネット。やはり人徳か。

f:id:wataridori73:20190309224528j:image

映画「星空の用心棒」より

やはりジェンマは最高なのであった。

それじゃあ読者諸君、毎日は愉しいだけじゃない。哀しいだけじゃない。では失敬。

 

Amazonプライム会員に登録する