片手にドーナツ、心に花束

西部劇、マカロニウエスタン、ときどきアメコミ。

【ガンマン大連合】


f:id:wataridori73:20190604215527j:image

VAMOS A MATAR,COMPANEROS

1970年。監督セルジオ・コルブッチ。主演フランコ・ネロ。トーマス・ミリアン。音楽エンニオ・モリコーネ。

ジャック・パランスが改良型となって帰ってきたのであった。
というのはもちろん嘘であって、まあようするにコルブッチ、ネロ、パランスが「豹/ジャガー」につづいてやってくれたのが今回の「ガンマン大連合」なわけだが、パランスがスケールアップして帰ってきたというわけだからやっぱ嘘ではない。

コルブッチのメキシコ革命三部作の一つということからも「豹/ジャガー」の姉妹編のような感じで、土台は同じで、ネロ演じるペンギンは武器商人でミリアン演じるバスコはトニー・ムサンテから引き継ぎ阿呆だが最後は革命に目覚める若者、そしてパランスのジョンはやはり主人公を執拗に追いかけまわす面倒な男を演じ、ストーカーじみた前回から改造を施されて右手は義手となり、さらにはハヤブサ使いという魅力あふれる変態ストーカーとなって帰ってきたというわけである。

f:id:wataridori73:20190610065526j:plain

映画「ガンマン大連合」より

で、こんな話さ。
メキシコ政府軍、モンゴ将軍とバスコ副将軍率いるエセ革命軍、サントス教授学生革命軍、さらには変態ジョン一味がメキシコ革命を背景に入り乱れる。

 

「豹/ジャガー」と構成は似ているが、たとえばネロ演じるペンギン(笑)がジャガーのような守銭奴ではなく人間味のあるキャラクターになっているのだった。これだけで映画全体のカラーがだいぶ変わって、「豹/ジャガー」のようなハードさは影を潜めてユーモラスな演出になっている。「豹/ジャガー」は確かに青春映画だった。故に痛々しく、とても恥ずかしく切なかった。青い嵐のど真ん中だったわけだ。裸足のソルジャーボーイだったというわけだ。だが「ガンマン大連合」は大人だった。なので、理想を掲げる学生革命軍に対してペンギンたちはビターでリアルな対応をするのだった。

f:id:wataridori73:20190610065343j:plain

映画「ガンマン大連合」より

エセ革命軍のモンゴ将軍に武器を売りつけにきたペンギンだが、サントス教授の教えに従順な学生革命軍にも声をかけられる。スウェーデン人であるペンギンにとっては革命などどうでもいいので、高く買ってくれるほうに売るとドライな返答をするのであった。とはいえモンゴ将軍もたいして金を持ってるわけでもなく、この金庫が開けばなあ、などとほざいてる始末で、金庫を開けるにはサントス教授が必要だなあ、じゃあ、ってペンギンはアメリカ政府に捕らえられてるサントス教授の救出に行くはめになったのであった。革命軍副官だったバスコを連れて。

f:id:wataridori73:20190610065455j:plain

映画「ガンマン大連合」より

ペンギンとバスコの珍道中に復讐に燃えるジョン一味も乱入してきて、目的達成後はサントス教授を加えての男たちの旅路。流れで適当に革命をしていたバスコもサントス教授に感化されていき、最後にはモンゴ将軍のもとを去り学生革命軍に加わるのであった。さらには金次第でどちらにも転んでいくペンギンも、じゃあ、って一度は別れを告げるのだが、迫りくる政府軍を目にすると振り返り「殺っちまおうぜ、同志たち!」って革命に身を投じる決断をする。理想を鼻で笑っていた大人たちが、熱い男に立ち返る。馬鹿野郎なラストなのであった。

f:id:wataridori73:20190610065543j:plain

映画「ガンマン大連合」より



f:id:wataridori73:20190610065609j:plain

映画「ガンマン大連合」より

同志たち!と叫ぶペンギンをふり返るバスコのこの顔がたまらない。映画スタート時はこんな表情をする子ではなかった。

とかなんとか。個人的にはもう革命とかそんなことはどうでもよくなってしまう映画なのであった。ジャック・パランスなのだ。彼が全てだ。冒頭でも述べたが、「豹/ジャガー」のときよりもパワーアップして帰ってきたのだ。再生アポロガイストである。もうルックスからパーフェクトじゃないか。義手に隼である。やることなすこと期待を裏切らない。秘密結社「ジャック・パランスの息子たち」メンバーとしては最高のマカロニウエスタンなのだ。

f:id:wataridori73:20190610070111j:plain

映画「ガンマン大連合」より

 

f:id:wataridori73:20190610073754j:plain

映画「ガンマン大連合」より

それじゃあ読者諸君、毎日は愉しいだけじゃない。哀しいだけじゃない。では失敬。

メキシコ革命三部作第一弾。

www.p-goro.com