片手にドーナツ、心に花束

西部劇、マカロニウエスタン、ときどきアメコミ。

【モンテ・ウォルシュ】

家で映画を見る機会も多いであろう昨今。ぜひとも見てほしい西部劇。オープニングからラストまで、すべてが完璧。

【ネバダの決闘】

西部の町では罪を償わずに反省だけして普通に生きようとする不届き者がいます。大抵は失敗するけど、たまに成功例があります。

【悪党に粛清を】

デンマークで西部劇。なぜそうなったのかは知らんが、こういうときはたいてい、王道に着地する。

【スペシャリスト】

スペシャリストである。達人である。俺も何かに秀でた達人になりたいものである。いや、きっと何かあるはず。気づいてないだけで。

【ならず者たち】

ジャック・パランスが出ているだけで名作である。異論は受けつけない。「バグダッド・カフェ」を見ろ。な。

【ブラックライダー】

誰かが撮らなければいけない映画がある。そんな映画である。

【荒野の七人・真昼の決闘】

蛇足、としかいいようがないオリジナル以降の荒野の七人たちの物語もこれにて終了である。だがしかし、21世紀になって素晴らしい七人たちに僕らは再会することになる。

【新・荒野の七人 馬上の決闘】

よくやるなあ、というのが率直な感想だが、さらにもう一作あるのだから感心するしかない。逆に奮い立つよ。

【続・荒野の七人】

残像だけではどうすることもできないのである。

【地獄へ片足】

ベックのアルバムに似たようなタイトルのやつがあったね。関係ないけどね。こちらの邦題は直訳でナイスだね。

【正午から3時まで】

これはチャールズ・ブロンソンだから成立する映画だ。