片手にドーナツ、心に花束

西部劇、マカロニウエスタン、ときどきアメコミ。

【さすらいのカウボーイ】

本当は選択肢などない。人生に岐路なんてない。あるように思うのは錯覚でしかない。ふり返ったとき、後悔とともにそう思うだけである。

【暁の用心棒】

身勝手な連中が集合して争うとロクなことがない、ということがよくわかる。主人公に共感できないので、上から目線で見てやろう。

「スーサイド・スクワッド」はこの世界の変数のようなものである

DC

でも一番好きなヴィランはローグズのキャプテン・コールドなんだよね。

【情無用のジャンゴ】

トーマス・ミリアンがおちゃらけることなく、ずっとむずかしい顔をしている。きっと撮影も大変だったことだろう。あと、言うほどシュールじゃないよ。

【群盗荒野を裂く】

ウエスタンと言われるとちょっと違うけどメキシコ革命ものに外れなし、である。さらにはクラウス・キンスキーに魂を揺さぶられるよ。