片手にドーナツ、心に花束

西部劇、マカロニウエスタン、ときどきアメコミ。

【怒りの用心棒】

f:id:wataridori73:20190522122522j:plain

IL PREZZO DEL POTERE

1969年。監督トニーノ・ヴァレリ。主演ジュリアーノ・ジェンマ。音楽ルイス・エンリケス・バカロフ。

ジェンマである。なにはともあれ、ジェンマである。「怒りの荒野」の監督とふたたびコンビを組んでのジェンマである。
舞台はダラスである。ケネディ大統領暗殺をモチーフにしたウエスタン、というなかなかの力業である。暗殺されるのはもちろんケネディではなくガーフィールドという大統領なのだが、なんだか架空の大統領みたいな名前だが実在の大統領で、1881年にダラスではなくワシントンで暗殺されている。へえー。
南北戦争で敗北した南部テキサスあたりでは戦後も政府に、奴隷解放政策に不満をもっている金持ちが多いという背景があって、ガーフィールド大統領のダラス遊説も歓迎ムードは薄いのであった。
f:id:wataridori73:20190412004441j:plain
映画「怒りの用心棒」より

ということで冒頭、主人公ビルの友人である黒人のジャックは大統領の暗殺計画を企てた容疑で保安官にぼこぼこにされて取り調べを受ける。

実は暗殺計画を企てているのは他ならぬ保安官とその一味で、まあ保安官の背後に黒幕で町の有力者ピンカートンがいるのだが、そうとは知らずにビルのパパが、暗殺計画の有力な情報とかゲットしたよー、なんて暢気にいってきて結局は殺されてしまう。
有力な情報というのは大統領を乗せた汽車を鉄橋ごと爆破したろ、という恐ろしいもので、ビルはどうにか計画を阻止することに成功するのである。
やあ助かったわい、などと阿呆な大統領であったが結局は馬車でのパレード中に射殺される。詰めがあまい。というか、この辺は実際のケネディ暗殺事件をかなり意識していた。
f:id:wataridori73:20190412184754j:plain
映画「怒りの用心棒」より

犯人はもちろん保安官一味なのだが、生け贄として脱走していたジャックが捕まってしまい、護送中に殺されてしまう。許さん!と真実を明らかにしようとするビルと新聞記者、正義を執行しつつもアメリカのためにすべてをうまく収めたい大統領補佐官マクドナルド、両者の思惑が交錯してラストへと突き進むのである。
銃撃戦は控えめだ。ジェンマの派手なアクションもあまりない。だがジェンマは怒っている。いつになく怒っている。用心棒ではないが看板に偽りなしだ。
正義のため、弱き者のために怒りまくるジェンマは最高である。
f:id:wataridori73:20190412184836j:plain
映画「怒りの用心棒」より

ケネディ暗殺事件をベースにしている点は中途半端な感じが否めないが、西部劇にもってきても違和感はあまりなかった。それはやはりアメリカという国の裏側というか暗部というか、本質というか、そういったところはずっと変わらない国なんだな、ということなんだろうな、とか思ったり、思わなかったり。
それじゃあ読者諸君、毎日は愉しいだけじゃない。哀しいだけじゃない。では失敬。

www.p-goro.com

Amazonプライム会員に登録する

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村